一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.10.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


大変ご無沙汰しております。
「アルゼンチン滞在記」完結しなければ!と思いつつも、月日が流れておりました。

ドバイ最終日についてまとめさしていただいて完結とさしてもらいます!



ドバイ最終日はドバイの旧市街とよばれるところにいきました。
お目当ては、スークといわれる市場!
ゴールド・スークとスパイス・スークの2つがあります。

最寄り駅からでると、すぐにバーン!とこんな感じ。












マリーゴールドがきれい。
スプリンクラーの水が気持ちいい。





朝早すぎて、全然あいてない・・・
テーマパークみたいな広場。





これで向こう岸まで連れて行ってくれるみたい!




で、こちらがスークの入り口。
(なぜか全員カメラ目線)


客引きがすごすぎて、買い物する気になれなかった。
「るるぶ」見せてきたり、首にいきなりストール巻き付けてきたり。
ほんまに強引で、お店に入っても全然ゆっくり見れない!

心身ともに疲れました。


お次は高層ビルめぐり。




これは駅の入り口。



この橋みたいになってるところに電車(無人)が走ります。





走ってる車のほとんどが高級車。



窓が迷路みたいなデザインになってるぅ!



けど、やっぱり砂漠なんやな。思う。





夜は砂漠のツアーに参加しました。

車で砂漠をつっぱしるツアーで、揺れがすごすぎて吐きそうに・・・
うしろに乗ってた女の子、吐いてた・・・










ディナーはここで。
バイキング的な感じでした。

が、さっきの車のあとなのでなにも食べれず・・・






無料でヘナタトゥーしてもらったり、



こちら、水タバコ。
甘くておいしかった。





10分間くらいクルクル回り続けてはるダンスショーをみて、ちらっとお土産買っておわり。




すてきな雰囲気のところでしょ?





夜の9時頃ホテルにもどって、空港へ。
エミレーツ空港は広すぎて、すごすぎた!



ドバイから日本に帰る機内では、機内食からアナウンスからどんどん日本語になっていった。
悲しかった。









以上で8か月間のアルゼンチン滞在記完結とさしていただきます。
ご愛読ありがとうございました!!



引き続きブログは書こうと思ってますが、移転予定です。
また移転したらお知らせします。













 



【前記事の続き】


ドバイと言えばアレですよね・・・。








第二のミッション:“世界一”のビル
「ブルジュ・ハリファ」









“世界一”高いビル「ブルジュ・ハリファ」
全高828mの160階建て。

うっひょ〜〜!すごいな、すごすぎる。



周辺のビルもすごいけど、これは格別。
展望台からドバイを一望したかったけど、断念した。






「アドレス・ダウンタウン」という名前のホテル。
これも相当すごい。

七つ星ともいわれている“世界一”の高さのホテルといわれてる
「ブルジュ・アル・アラブ」と似てる。






周辺のビルもすごいはずなのに、ブルジュ・ハリファを目の前にすると、ちっぽけなただのビルに見える。




これら全部こちら、ドバイモールから出てすぐにあります。









予想通り。めちゃくちゃ綺麗。


ここになにやら“世界一”の噴水があるそう。




第三のミッション:“世界一”大きな噴水「ドバイ・ファウンテン」








18時から30分おきに行われる噴水ショー。
音楽とともに噴水が踊りだす!

噴水の全長は257mで“世界一”だそう。
噴水は最大約150mの高さまであがる!!





毎回違う音楽と演出なんだそう。
2回しか見てないけど、両方とも違った演出でよかった!


でもショーの時間5分くらいしかない。(笑)
短すぎる!でもすごい迫力で感動した。





この日はこんな感じ。





帰りにまた行きしのロシア人らしき2人組に出会って、手助けするハメに・・・。
帰り際に出身聞いたらほんまにロシア人やってびっくり!

ロシア語わっけわからん!


そのあと親切でちょっとしつこいエジプト人に絡まれたけど、無事ホテルに帰って来れた。
めちゃくちゃ疲れてて、眠たいのにまた眠れない。

体調崩さないようにしないと、熱なんかだしたら帰れへん!




今日はオールド・ドバイというところへ行って、そのあとは砂漠ツアー。
結構充実したドバイ観光になりそうだ。






すごすぎるぜ・・・ドバイ。














そんな感じ。


























 



やって来ましたドバイ!!!


やっぱりエミレーツ航空は快適
(´▽`)♪




日本に直接帰る組のお見送りできると思ってたのに、すぐにお別れで、胃がキリキリしてたけどなんとか笑顔でお別れ!


なぜこんなに不安かというと、もうスペイン語が一切通じないからである。
英語皆無なのにひとりでドバイ・・・。
我ながらすごいことするなあ、と思います。

好奇心には敵わない。



入国審査も無事通過し、荷物も受け取れていよいよ始まるひとり旅。





本日の第一ミッション:タクシーに乗る



入国審査も無事通過し、重い荷物を持ちながらタクシー乗り場へ。
ドバイ空港広すぎる!外に出るのにひと苦労。


タクシー乗り場には案内員がいて、スムーズに乗れるようになってた。
みんな次々にタクシーに乗っていくので、自分もスムーズにいけるだろうと安心してた。


自分の番が来て、行き先を見せると、別のところに誘導された。
誘導された先には明らかにタクシーではない黒の高級車たちがずらーーーーっと並んでるではないか!

ぜったい普通のタクシーより割高やん!なんでやねん!
って思ったけど英語でそんなこと言えず、乗る以外の選択肢はなかった。


当たり前やけど車内は静かで快適。
運ちゃんがなんかいろいろ話しかけてくれたけどわからなかった。


ホテルは空港から7キロぐらいのところにあるみたいだったので15分くらいで着くだろうな〜と思ってた。
町並みは思ってたよりもだいぶ質素で驚いた。

細い道に入りだしたあたりからなんだか雲行きが怪しくなってきた。
同じ道を何度もぐるぐるしてるような・・・


もしかして道に迷った!??


案の定、ホテルがどこにあるかわからないみたいで、ホテルに電話してた。
どこにあるかわからん!って言われてもこっちもわからんし!!
というかわかるわけないやん!!!!

電話してもなおわからないみたいで再度電話。
このときにはもう運ちゃんブチギレてて、運転は荒いし、クラクションは鳴らしまくるし、ハンドル叩いてなんかわめいてるし、まいか何も悪くないはずやのに謝ってた。

一気に嫌な気分になった。ずーーーーーんって感じ。


ホテル着いたら無言でトランクから荷物降ろして、まだ降りてないのに荷物だけ放置。
ドバイは治安良いと言われてるけど、放置はないやろ!
せめてまいかが降りるまでは荷物の近くにいててよ!!!

治安良いから放置したんやろうけど、南米からきたまいかには信じられないことだった。



でもまあなんとかホテルにたどり着けたので良しとしよう。



部屋はなぜか3人部屋で1人にしては広すぎた。
ドバイは平均してホテルの値段が高く、一番安くても五千円〜くらいだった。
南米では1泊千円以下で泊まってたので異常に高く感じた。

クオリティーは南米の1泊千円以下とそんなに大差なかった。
部屋は広くて綺麗だけど水周りがね・・・。



時差の関係かわからないけど、しっかり寝たつもりで、目が覚めて、時計見たら1時間しかたってなかったり。
眠いのになんかうまく寝れない。









次の日は朝からこの2日の計画をたてて、午後から行動開始!


いろんな人のブログみてメトロに乗りたい!と思ったのでメトロに乗って散策することにした。
なんでも“世界で一番”長い無人鉄道らしいからね。





こちら入り口。


駅員さんの英語は聞き取りやすかったため割とスムーズに切符を買うことができました。
が、たまたま後ろに並んでた2人組のおじちゃん(おそらくロシア人)の英語が全く聞き取れない!もはや英語なのかロシア語なのかもわからない!のに目的地が一緒やったため一緒にいくハメになった。とほほ・・・





駅もホームも車内もめちゃくちゃ綺麗。



目的地のドバイ・モールまでは乗り換えをしなくてはならなかったので、教えてあげて、連れて行ってあげた。
言葉わからんのにようやったなと自分でも思います。(笑)


駅構内は広すぎるので、エスカレーターで移動。




綺麗やし、広いし空港みたい!








本日の第一ミッション:ドバイモール






“世界一”大きいショッピングモール「ドバイモール」

1200店舗が入っているそう。
全部なんてもちろん見きれないし、迷子になる・・・。






豪華豪華。
とくに一番下の階は高級感が漂ってた。


なんとこのドバイモールの中には、“世界一”大きな水槽や、スケートリンクまであるのです。






水槽のトンネルに入るにはお金がかかるみたいだったけど、
世界一大きい水槽はタダで見れます。






もうショッピングモールの範囲をとっくに超えてる。
なんか動物園もあった気がする・・・。









一歩外に出ると、高層ビルだらけ。
なんて近代化なんだ!

形のおもしろいビルがいっぱい。






の高いビルはもしかして・・・!?






ドバイモールには日本のお店もありました。





無印良品!!



紀伊国屋書店!!







この吹き抜けの感じとかイオンモールやん!
・・・規模は桁違いやけど。



ほんまにすごすぎて、たぶん顔ずっとニヤニヤしてたと思う。
人間ってすごいな!






このままのペースでいくとちょっと長過ぎるので【後半に続く】




















 










今日で約8か月の留学生活もおわりとなりました。
このブログもご愛読ありがとうございました。







ここ最近はアルゼンチンで出会った人たちとのお別ればかりでほんと泣いてばかり。
「別れ」とはいつでもつらいものですね・・・。





振り返ってみるとほんとうにいろいろありました。
武勇伝もいっぱい生まれました(笑)


たった8か月の留学やったけど、日本では経験できないようなことがいっぱいできたし、視野も広がったし、なによりたくさんの人と出会えた。
人との出会いはほんまに大事やと思う。まいかが世界中を旅したいって思うのも一番の目的はたくさんの人と出会いたいから。たくさんの人に出会うことによって、いろんな価値観、考え方に出会える。自分の価値観、考え方も変わっていく。出会ったいろんな価値観、考え方を理解し、吸収できるように自分は常に柔軟でありたい。




文化についても同じことが言えると思う。
日本とアルゼンチン。地球のほぼ反対側同士。

なににおいても常にカルチャーショックのようなものはありました。
文化の違いってほんとうにおもしろい!




「他人との距離」
これが日本とアルゼンチンで一番大きな差と思う。

アルゼンチンでは初対面のひとといきなりベソ(ほっぺた同士でキス)、ハグ。
これは家族間でも、男女間でも、お年寄りでも若者、友達同士でもほぼ必須。


日本やと初対面で握手することさえあまりないのに、アルゼンチンでは絶対ベソ。しかも毎回。


例えば学校で、友達5人と集まって勉強してて、そこにもうひとり友達が来たとする。
このとき日本の場合、「おはよ〜。」だけなところが、アルゼンチンでは一人一人にベソ。机挟んでても、全員回ってわざわざベソ。この光景はいつもおもしろいと思う。
わざわざ立ち上がってベソして…いちいちめんどくさくないのかな?




8か月いたけど、やっぱり初対面のひとに対していきなりベソするのは最後まで慣れなかった。なんかちょっと抵抗があるというか・・・。(笑)
日本人に生まれた以上、この感覚は頭では理解できても、一生理解できないと思う。

でも人との距離が近いのはいいな。日本はなにかと距離があるからね。







やっぱり海外に出ると客観的に日本を見れる。日本のよさも悪さも海外にいってみないとわからないことが多い。
日本では“当たり前”のことがこっちでは当たり前じゃないし、日本人が思う“常識”もこっちでは常識じゃない。


また自分がいかに恵まれてるかもわかる。



まいかのやりたいことをいつもやらしてくれる両親にはほんまに感謝。
ほんまに留学これてよかった。


8か月じゃまだ全然しゃべれるようになってないし、いくつかの目標も達成できなかった。後半かなりだれてたし。
遊びに関しては120点やけど、勉強の面では50点くらい?あまり成長してないような。
でも人間としてはいっぱい成長できたんじゃないかな!


いろいろなことに寛大になった。
言いたいことが言えるようになった。
多少の不衛生にも慣れた!


もうどこにでも行ける気がする。
どこでも住める気がする。




日本が世界で一番って思ってるし、日本が一番大好きやけど、やっぱり海外志向。
理由はわからへんけど、海外で活動したいって強く思う。
具体的になにがしたい!っていうのは全然定まらないけど。(笑)

選択肢は多い方がいいしね!
柔軟な考えで望みたいと思います。





帰国できるのは嬉しいけど、帰ったら待っているのは現実。
アルゼンチンでのような生活はもう二度とない・・・

夢のような留学生活がおわっちゃう
(´;ω;`)






留学期間中にまいかと出会ってくれた人、応援してくれたひと、まいかと関わってくれた人。
本当にありがとうございました。




留学生活の振り返りはこんな感じでおしまいにします。
こんなん書いてもおもしろくないと思うしね!






アルゼンチンでの留学生活はおわりを告げたわけですが、
日本への帰国途中のトランジットで現在ドバイに滞在中です。


英語全く出来ないのにひとりドバイ。
ドバイほんまにすごすぎる!!!!



ってことで
次回はドバイについて書きますね!














そんな感じ。































































 




日本で放送されたらしい、アルゼンチンのちょっと危険な動物園、
ルハン動物園にいってきました。






ルハンはブエノスアイレス郊外の町で、バスで片道約2時間半。
2時間半で、しかも高速にものるのに、片道なんと約300円!
公共交通機関の安さ最高!!








動物園なはずなのになぜか入るとすぐにこれ。
“MUSEO  de TRACTES”って書いてあったので一応博物館らしい。












ルハン動物園がなぜ危険といわれているのか。



















それは・・・・

























じゃーん!!





こんなことができちゃうからなんです!!
・・・笑顔がかなりひきつってますが。(笑)





他の動物園(日本比)と比べるとほんまに動物との距離が近くて、
ほとんどの動物に触ることができます。


距離が近いというか、柵が頼りないというか…微妙な感じやけど、
とにかく近い!!!!!だからちょっと怖い。



ライオンにもウマにもリャマにもトリにもヘビにもなーーーんでも触れちゃいます!が、若干怖い。














ライオンにミルクあげてるけど、ライオンのこと全く見てないし。






にんじん持ってラクダに近づいてみたけど、ビビってるし。
ラクダ、にんじんのことめっちゃ見てるし!!





手のひらに乗せたはいいが、ビビってにんじん落下。
そして友達を召還。






普通にあげてるし!!!えーーーーー!!





再チャレンジするも、やはりビビる。(笑)
ラクダにはもう完敗。









なんか育ちのよさそうな立派なウマ。






と思ったら完全におちょくられてる!!!
これは・・・満面の笑み!なのか?







ほかにもいっぱいいろんな動物に触れたり、エサあげれたり。
お気に入りはライオンの赤ちゃん♡
もっかい抱きたい!ほんまにかわいかった。



ここの動物園は、ライオンの世話をイヌがするみたいで、
ライオン、トラの赤ちゃんと一緒に子犬が一緒に入ってた。



イヌとライオン、イヌとトラ。
この組み合わせでじゃれ合ってるのあり得ない光景だった。







メスライオンはちょっと怖かったです・・・。








出口付近に突如現れたクジャク!
めちゃくちゃきれいな色!

でも放し飼いで大丈夫なのか!!??




ほかにもリャマとかアヒルとかニワトリとか、おとなしい動物は放し飼い状態でそれが結構怖かったりもした。








ルハン動物園のバス停。
ただ電信柱に数字書いただけ。















そしてルハンといえばもうひとつ。











ルハン大聖堂。








圧倒的な迫力で、正直動物園より断然こっちのほうが価値ある!!!




聖堂内はパイプオルガンの音色が響き渡ってて、
ステンドグラスが素敵素敵。

ただあまりきれいに撮れなかったっていうのと、
やっぱり信者にとって神聖な場所であるので、聖堂内の写真は自粛します。







今日のブエノスアイレスはまだ春になったばかりなのに
30度を超える夏日で、すっかり疲れ果てました。


これからまだまだ暑くなるのか、アルゼンチン!?

















長いようで短い留学生活も残り約2週間。
帰るのがさみしくってもうメソメソしだしてる・・・

多くの場合で腹立って、イライラする国やけど、住めば都というように、
なんか憎めない。国も、人も。

めちゃくちゃな国やけど、まいかは結構好きだな。
というか好きになった。



あと2週間、どうやって過ごそうか。






















そんな感じ。



































 


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 人生たまには谷ばかり
    古谷兼一
  • 歌舞伎
    ばば
  • 雨の日のコレクティーボ
    Yuhi
  • ペルー旅行記1日目
    ひろき
  • お好み焼き
    知里
  • 腹が減っては戦はできぬ
    知里
  • 素晴らしき日本!!
    知里
  • 健康的な生活(編集後)
    知里
  • 真実と正義の日
    知里
  • 時差ボケ
    Yuhi

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM