ご無沙汰しております。

日本は大変寒いとお伺いしておりますがお元気でしょうか。

 

わたしはメキシコに来て以来ずっと調子が悪いですが、現在ピークを迎えております。というか、これがピークであってほしい。

うつ状態でした。精神的ダメージが大きくて3日ほどお休みもいただいておりました。

 

 

ここ最近特にいろいろありました。

 

 

「極寒の冬の水シャワー」

「笑い事では済まされない!びりびり感電事件」

「得点に繋がらない恥のヘッドスライディング」

「盗撮疑惑?恐怖の公立病院」

 

気になるタイトルはありましたでしょうか。。。

どれも日本では経験できないようなこと、決して経験する必要のないことばかりでございます。メキシコで生活されていてなにか悪いことが起きればまずはわたしにご相談ください。共感してあげれるかもしれないです(助けるのはたぶん無理)

 

 

たくましくなりたかったのに、来る前よりも弱くなっている気がしてなりません。

せっかくマシになった潔癖性も更に強化された感じがします。

 

体調がこんなんなってますがやっぱりメキシコは好きで、帰ると決めてもまだまだ決断が揺らいでしまう。早く航空券買ってしまおう。

 

なんで好きなんかなあ。

日本と比べたらもちろん不便やし、治安も空気も悪いし、何しても思った通りに進まないし、事故は多いし、運転めちゃくちゃやし、警察は頼りにならんし、お医者さんも信用ならんし、基本的にメキシコ人はてきとーやし、嘘つきやし、ごはんはおいしいけど、体に悪いし。仕事も朝早くから夜遅くまで。就業時間長いからいつも監禁されてるなって感じててめっちゃ窮屈。

 

やのになんでかなあ。

 

日本円に換算したらバイトしてる方がよっぽど稼げるっていうくらいの給料やけど、それでもメキシコではまあまあいい生活できる。それがいいのかな。日本やったら先を見据えて貯金貯金ってなるところ、どうせペソやしって気兼ねなく使えるからかな(笑)

アメリカもそうやけど、メキシコもすごい消費国家。稼ぎ少ないのに。給料日にパァーッっと使って、なんとか次の給料日まで生きてる。それでまたパァーッって使ってってそんな感じ。使うために稼いでるんでしょ?って確かにそうなんやけど。

明日死んだらどうするの?って。メキシコやったら死ぬ可能性もなきにしもあらずやから妙に説得力ある。

 

 

メキシコのいいところ、他にはなにかな。。。

マネジメントする側やったら絶対嫌やけど、仲間として一緒に働くぶんには愉快で好きかな。

日本やったらセクハラで即アウトやろうけど、メキシコはほっぺにちゅっが挨拶ですから。スキンシップも激しめよね。

誕生日の人がいたらみんなでケーキ食べたりとか、なんか学校みたいな雰囲気やねん。

敬語もないし。敬語ないのほんまにいい!思えばそれが一番大きいかも。

 

年上のメキシコ人上司のお腹つんつんしても怒られへん(笑)

わたしも髪の毛ぐしゃぐしゃーってやられても怒らへん。

 

日本は他人との距離がありすぎるねん。挨拶ハグやったらいいのに・・・

 

 

 

 

 

ちょうど前の記事から1ヶ月。

今日は「タマレス」を食べる日です。

 

タマレスとはトウモロコシ粉をぎゅっと固めて蒸したもの。

なかにモレ(カカオで作ったカレーみたいなソース)とかサルサ・ベルデ(緑の辛いソース)とか、甘いデザートタマレスとかいろいろあるねん。

 

正直あんまりおいしくないし、好きじゃないけど文化なのでいただきました。素朴でいかにもメキシコ!って感じの料理ですね。トウモロコシ大好きやから好きな味かなと思いきや裏切られるやつです。ちなみにアルゼンチン北部の有名な料理でもありますね。名前は違いますが。※アルゼンチン滞在記参照してね[http://maikazblog.jugem.jp/?page=2&cid=3

 

 

 

 

ご丁寧にもトウモロコシの皮で包んであります。

潔癖症が発動してしまい、2口が限界でした。ごめんなさい。

 

 

だれも悪くないんだ。

 

 

 

 

たくましく生きていくよ。

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じ。

 

 

 

  • 2017.05.15 Monday
  • -
  • 13:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
お元気ですか?おっさんのたわごとですが聞いてください。
「人は人生はどこにいても何をしても楽なことは何もありません。でもトライし続けると必ず問題は解決します。私は苦しいときは神様がチャレンジの機会を与えてくれたと思い、トライしてます。必ず回答が見つかると確信しているので努力して、苦しんで、悩むことが当然のことと思っています。苦しみの先に素晴らしく明るい世界が待っていると思うとワクワクしてきます。私も実は10年前にうつ病になり精神科に通院していましたが自力で何とか回復することができました。今、自信をもって言えることは病気(精神性)は結局自分でしか治せないし、自分で必ず治せるということです。人生は何度もリトライできるし、経験も多種多様に蓄積することが自分を成長させると思っています。私も経営者としてはまだ8年生で小学校低学年です。もっといっぱい経験して立派な成人になりたいと思っています。
 競争しましょうか?また会えたらいろんな話聞かせてください。

P.S. 今年の春、立命館の学生がメキシコに一年間ほど留学するそうです。何処かまだ聞いていませんが何かほしいものがあったら言ってください。持たせますよ。
  • 古谷兼一
  • 2017/02/03 17:20





   
この記事のトラックバックURL : http://maikazblog.jugem.jp/trackback/117

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 人生たまには谷ばかり
    古谷兼一
  • 歌舞伎
    ばば
  • 雨の日のコレクティーボ
    Yuhi
  • ペルー旅行記1日目
    ひろき
  • お好み焼き
    知里
  • 腹が減っては戦はできぬ
    知里
  • 素晴らしき日本!!
    知里
  • 健康的な生活(編集後)
    知里
  • 真実と正義の日
    知里
  • 時差ボケ
    Yuhi

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM