一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.15 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

こんにちは。

 

前回のメキシコスーパーの記事、いろんなコメントありがとうございました。

売ってるものが多くて広いので効率よく回れるようメモを書いていても結局行ったりきたりして、めちゃくちゃ疲れます。この間はガスがなくて外食に頼りっぱなしでそろそろ体壊すなーと思ってたら案の定。(笑)どうもメキシコ料理が体に合わない。やはり自炊に限りますね。

 

メキシコ料理を自己流にアレンジして(そんな実力もないくせに)食べることより作ること、献立考えるのが楽しいです。

 

 

仕事が忙しくて更新が滞っておりました。

仕事が忙しいのと体調があまりよくないのとでシャキーンとした生活が遅れていません。この辺でまた気合を入れなおします。

 

体調が悪いといっても表にでない程度です。

なんとなくだるい。そんな感じ。

 

 

今日はね、メキシコのかわいいを紹介します。

帰国が近づいてきたのでお買い物三昧。お土産というよりはほぼ自分用。

メキシコにいるから、メキシコに興味があるから、かわいいと思うものばかりだと思うから人にあげるってなるとものすごーーーく難しいの。

 

 

ここでは、在メキシコのわたし的かわいいを紹介します。

 

 

 

先週末、わたしの住んでるレオンから約3時間のところにある、サンミゲルデアジェンデ(San Miguel de allende)というところに行ってきました。

 

この街は欧米からの移民が多く、おいしいレストラン、センスの良いお店がたくさんあります。おいしいものを食べることも目的のひとつ!

 

さらに芸術家があつまる街なので歩いてるだけでほんとに楽しい。アートな街です。夜は街頭がオレンジでとってもロマンチック。。。カテドラルも夜のほうがきれいです。素敵なホテル(眺めるだけ)、おいしいレストラン。それだけで心が満たされます。

 

 

(画像の回転の仕方がわからない)

 

 

スタバに馬いた。

馬乗りと写真撮ろうと思ったら乗せてくれた❤️

 

 

到着は夜です。

予約の電話入れたらいっぱいで断られたペルー料理屋さんにだめもとで行ってみた。

 

「La parada」

 

トリップアドバイザーというあんまり信頼の置けない(が、いつも頼りにしてる)サイトで堂々1位のレストランです。口コミの数が異常。。。ペルー料理は日本料理となんとなく似てて好き。食べながらペルーに行ったときのこと思い出してた。あの頃も楽しかったなぁ。

 

カウンターだったからお店の人とおしゃべりできて楽しかった。

肝心の料理もね、めっちゃおいしくて感動したよ・・・

 

特においしかったのが、スペシャルメニューの豚ばら肉の料理!

ペルー料理といえばのセビチェもおいしかったし、Tacu tacuもおいしかったし、トウモロコシのグラタン?もおいしかった。要は全部おいしかった!あとはもうちょっとデザートが充実してたらもう言うことなしです

 

 

そのあとはセントロぶらぶらして、飲みに行って、1杯で3人とも酔っ払い〜(笑)まさにAventuraって感じの夜でした。

 

わたしの好きなバチャータの歌詞に、Una aventura más divertida si huele a peligroというのがありますが、まさにそんな感じ。 

いや、それは言い過ぎた。そこまでロマンチックではなかったが楽しかった。

 

 

 

 

次の日は早起きして、朝ごはん〜〜

おいしいパン屋さんへ。メキシコとは思えないまともなサイズのケーキや、メキシコとは思えない甘くてふわふわのパン。優雅で贅沢な朝でした。コーヒーはペルー料理のレストランのほうがおいしかった(笑)二日酔いでなければケーキ食べたかった!

 

 

そのあとはさっさとかわいいもの探し。

 

 

まずはこちら。

 

 

 

 

 

日本人のお土産人気ナンバーワン「セルビン焼き」

細かい模様が美しい。

 

 

 

 

お次は布?屋さん

メキシカンな柄の布が売ってます。

その中でもミトンがかわいかった。(でも形がちょっと変)

他にもエプロンとかポーチとかハンカチとか売ってた。

 

 

 

次はメルカド(市場)をぶらぶら〜

 

 

 

 

 

チレ柄のポーチと、オトミ刺繍もどきのポーチを購入。

ここの店員さん、やる気皆無。

 

 

オトミってなに?って思ったでしょう。

今日一番の目的はこのオトミの刺繍。

 

オトミ族と呼ばれる民族の民芸品で、これも日本人のおうちでよく見かけます。

タペストリーとして飾ってあったり、額に入ってたり。

かわいいと思ってたけど、使い道もないし、買うつもりは一切なかったのに、こないだ見た映画でオトミ刺繍のシャワーカーテンが使われてて欲しくなりました。エルメスのデザインに使われてたこともあったみたい!少しお値段はしますがこれは素敵なインテリアになるかと・・・にやにや

 

 

 

 

 

次はね、「Alebrijes」(アレブリヘス)

オアハカの民芸品。木でできたカラフルな動物たち。

繊細すぎてもって帰れなさそうなので見るだけ。

 

 

 

 

メキシコの民芸品で一番のお気に入りの「Animalito」(アニマリート)

チアパスの民芸品でこのなんともいえないぶちゃいく加減がたまらないです。かわいい。。。今ね、キリンさんを探し中です。

 

 

 

 

この端っこにかたまってるやつね。

 

 

 

 

メキシコは日本にないような、日本人の発想にはないような色使いの雑貨がいいぱいいあります。見て楽しい。

 

実はサンミゲルに行く前にひとつ手前の「Dolores Hidalgo」という町に寄り道していました。ここではタラベラ焼きと呼ばれる、スペインから伝わったカラフルな焼き物が有名です。(発祥の地ではありません)

 

 

 

 

 

 

見れば見るほど欲しくなる魔法のタラベラ焼き。

こんなにずらっと並んでたらかわいく見える。しかも安い!

ただし、安いだけのことはあって欠けやすい、割れやすいです。

 

 

 

タイル屋さんにも行きました。

 

 

 

メキシカンな柄がかわいくて、日本に輸入したいと思った。

DIYで使うねーん!テーブルとか、鏡とかぜったいかわいい。

一応なにに使うか考えたうえで数枚購入しました。帰国が楽しみ。

 

 

 

 

在メキシコのわたし的かわいいメキシコ。

妹にピアス頼まれてるのでけっこう買った。妹にあげるのは惜しいくらいかわいいのが多いから全部2個ずつ買う。。。

 

 

 

そんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レオンで1番の仲良しのダニエル。

FBでわたしの写真をよくタグ付けしてるあの人です。

プライバシーもクソもないけど、彼自身が楽しそうやから許してます。

 

彼の言い分「なんかつまんないな〜、あ、そうや。まいかの写真載っけよ」

ただの暇つぶし。最低(笑)

 

 

彼は中身が女の子なのでいつも美容の話とかイケメンの話で盛り上がってます。これは体にいいとか、お肌にいいとか、そういう話楽しい。彼は頭がよくてほんまに尊敬してる。エコノミスタ(大学で経済学んでた)でたまに経済の話とかされるともう全くついていけなくて、ちょっと恥ずかしい思いをする。で、彼はと友達と起業してて、起業するにはこれこれこれをして、、、ってたまに講義してくれる。たまに大学に呼ばれて講義しにいってる彼は本物。かなりやり手の24歳。大学時代は頭がおかしくなるくらい勉強したねんて。

 

メキシコ人には珍しくちゃんと自立した生活を送ってる。

 自分で部屋借りて、掃除洗濯炊事・・・いつも服から洗剤のにおいがふわって。ほんま女の子みたい。朝もホットケーキ焼いてきたりしてる。

 

おしゃべり大好きでほっといたらずっとしゃべってるからたまに口縫ってやりたくなるし、最初は一緒に仕事してて疲れるなあって思ってたけど今はよき同僚です。

 

次もしメキシコで働くならもっとよく調査して住む所ちゃんと選びたい。

体壊したけど全然懲りてない。。日本で生活してみてからもっかい考えようと思ってる。日本が合えば日本で暮らしたいし、メキシコがよかったら戻りたい。

 

 

なぁ〜〜なんてね。

・・・ちゃんと日本で働きます。

 

 

 

前置きが長くなったけど、今日はメキシコスーパーのお話。

毎週献立を考えて週に1回スーパーに行きます。書い忘れがないようお買い物メモ持って。

 

メキシコスーパーで日本人の利用率No.1は「H.E.B.」というスーパーです。

高級スーパーです。お肉がおいしい。

わたしが住んでるレオン市は北に高級住宅街があってこのスーパーは北に2件もあります。

南には1件もありません。(わたしは南に住んでいます)なのでわたしが自分で行く時はみなさんお馴染みの「Walmart」というスーパーでお買い物します。H.E.B.よりもなんでも売ってるのがWalmartってわたしは思ってます。

発音は「ウォルマート」が正しいはずなのに「ワルマート」とスペイン語読みしないとタクシスタに通じない。

 

構造は日本と同じかな。ちょっとサイズが大きいですが。

値段は1キロいくらで表示されてる。

袋に入ってないから自分で袋に入れてカゴに入れる。

 

 

取りやすいように斜めに設置されてるのですが、積みすぎ。

2回ほどアレアレアレ〜と雪崩を起こしたことがあります。じゃがいも取るときは注意。

 

 

奥に写ってる緑の野菜は日本でみたことない野菜。

「Chayote」(チャヨテ)と言います。たぶんウリ化。大根の代わりに使ったりしてます。

 

 

 

チレのコーナー。写真の中央部がチレです。

ピーマンは形的に緑パプリカって感じです。

青椒肉絲にはピーマンよりも手前の濃い緑のチレが合います。

 

 

 

写真撮ってて気づいた。濃い緑のチレの隣り、これは長ネギなの!?

長くないから太ネギやね。笑

 

 

メロン2種類と「Jicama」(ヒカマ)。ヒカマは日本の梨とよく似てる。

日本の梨ほどみずみずしくないし、甘さも控えめですが、おいしいです。

 

 

メキシコらしいといえばサボテンですかね?

数メートル先でおばちゃんがトゲをとってくれています。トゲなしのものが陳列されてます。

 

 

 

ボールプールではありません。トマトです。

トマトだけでもたくさん種類があって、これは「Jitomate」(ヒトマテ)という種類で真っ赤。酸っぱくない。青臭くない。トマト嫌いのわたしでも全然へっちゃらなトマトです。メキシコ料理に欠かせないヒトマテ。

 

 

きゅうりです。でかすぎる。

日本のものよりも味が薄い?ぱりっという硬さもないかな。

この大きさなのでタネが気になる。皮が厚く、硬いので皮むいて使います。

メキシコ人の認識ではきゅうりは野菜ではなくフルーツの分類。

 

 

メキシコでレモンといえばこの色でこのサイズ。

日本でいうところのスダチサイズ。

レモンもメキシコ料理には必須。だいたいどの料理にも絞る。テーブルで絞る。

そんなにめちゃくちゃ酸っぱくないからレモン単体でも食べれます。

やばい!辛い!ってなったらレモンかじります。

 

 

チーズもほんまに種類が豊富。

ここに並んでるけど、わたしは◯◯のチーズなんグラムくださいってわざわざ頼む。

理由は欲しいチーズ探すのがめんどくさいからです。

 

 

ハムも並んでるけど、お店のひとに好みの薄さに切ってもらって、好きな量だけ買うひとが多いかな。

わたしみたいに少量で頼むひとは少なそう。だいたいお店のひとにお願いするひとはパッケージ売りよりも多い量欲しいひと。

パッケージされてるのは割高いなんやと思う。(推測)

 

 

日本にないものといえばトルテージャのコーナー

ここに並んでるのは小麦粉で作られてるトルテージャ。

スーパーに並んでるトルテージャ買うメキシコ人は少ない気がするけどな・・・

トルテージャ屋さんで買ってるイメージ。

 

わたしはメキシコローカルレストランのおばちゃんが手で伸ばしてる少し分厚いトウモロコシの粉で作ったトルテージャが一番好きです。もちもちでおいしい。最初はトウモロコシのにおいが苦手だったのにね。順応するもんだね。

 

 

 

あと、豆のコーナー。半分豆、半分米です。

メキシコ料理教室に通ってるので今日は豆も買いました。

メキシコ料理はインゲン豆>レンズ豆。

アルゼンチンではよくレンズ豆を食べてました。

 

 

お家に帰って選別します。

形が悪いもの、腐ってるもの、割れてるものは使えないので。

約1キロのうち100〜200gはダメでした。

小石も発見しました。選別大事。

 

わたしはひとり暮らしなので、ひとりで食べきれる量、200gずつにわけて保存しました。調理する前はお米と同様、洗ってから使います。

 

 

今週のお料理教室ではグアダラハラの名物料理

【Carne en su jugo】を作りました。

 

 

 

今週末はローカルバスを乗り継いで市の果てまでいきました。

最近職場の先輩とべったり♡男女問わず年上が好きなわたし。

お別れするのさみしいな。

 

 

病院に行ってから体調が良すぎる。

帰る必要ないんちゃうかな本気で思うけど、少し心配なことがあるので一旦帰ります。

帰ってまた考えます。

 

 

メキシコスーパーどうでしたか。

以外と普通でしょ?

鮮魚・生肉コーナーについてもいつか書けたらいいな。

 

 

 

習いたてのメキシコ料理作る気満々でお買い物したのに、ここ3日ほどガスが止まっていてまだ復旧していません。

ママンが支払い忘れてたので止められたみたいです。忙しくて再開の手続きできなかったって言ってるけど、3日も何してたのって思う。忙しかったというか、優先順位の問題よね。あんまり料理しないから困らないもんね。

 

わたしは作り置きのおかずも食べ切っちゃったし、今週のお弁当も用意しなあかんかったのに!とりあえず、火を使わない下ごしらえの部分だけはばっちりにしておきました。平日はお料理してる時間ないからね。週末に一気に作るのがわたしのスタイル。

 

自分の生活リズムを他人に狂わされるのって結構ストレス。

 

ストレス発散のためにまたもや大掃除しました。

そうじはもちろん毎週欠かさずしてますが、大掃除もわりと頻繁にしてる。

今日は衣替えもしました。セーターやトレーナーはもうさようなら。

 

 

前の日遅くまで遊んで寝るのが遅くなっても、休みの日でも早起き。

遅くても8時までには起きて家のことしたり、お買い物行ったり、お料理したり。

自分でいうのもなんやけど、しっかりしてるな〜〜

そんな生活ももう少し。帰ってもひとり暮らしがいいな。

 

 

 

 

 

そんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

いつもご愛読いただきまして誠にありがとうございます。

先月の総アクセス数、なんと1,000を超えました!

平凡な日常のことしか書いてませんが、これからも読んでいただけると嬉しいです。

 

 

髪の毛が少し伸びました。

 

 

 

メキシコ生活のあとがないわたしはとても焦っています。

あれもこれもやらなくっちゃと常に使命感。

追い込まれないとできないタイプの典型です。

 

おかげさまで3月に入ったばかりですが、3月の週末の予定が全部埋まりました。病院にいってからお腹の調子がすごくいい!よく食べれるし、よく寝れる。でも忘れかけてた偏頭痛がやってくるようになった。でもこれで通常。このまま回復してくれるなら帰国せんでもいいんちゃうかなぁと思う今日この頃。

 

頭が超絶痛くなった時に飲む薬

 

 

 

2つで1つのセットかと思いきや、まさかの左側は中身が空っぽのダミー。

 

 

 

今週末はグアナファトという隣町にお買い物にいきました。

町が世界遺産となっているとっても素敵な町です。

百聞は一見にしかず。今度は写真撮りにいこうっと!そしたらまた紹介します。

 

先週末はグアナファト含むわたしの住む周辺に女優の能見れなちゃんが来てたみたいです。(先輩情報)

 

 

メキシコのかわいい陶器たちを紹介できるのはこのタイミングしかないのでは!??と思ったけど、それもまた今度にします。

 

 

 

 

その日の夜にメキシコ料理のお料理教室にいってきました。

お料理教室といってもおばあちゃんのおうちに遊びに行って、そこで教えてもらうそんなスタイルのところ。

 

 

第1回目は【Bistec Mexicana】

 

 

手作りメキシコ料理はヘルシーやね。

 

野菜豊富でシンプルな味付け。なのになぜメキシコ人は太るのか。

外食がだめなんやろうね。わたしは完全にだめです、外食。(しかたなく食べるときはあるけど極力控えてます)なにがだめかよくわからないけど、思うに脂が悪いと思う。たぶん真っ黒の油。それとラード。

お店で食べるトルティーヤの揚げたやつなんてたぶん最悪。悪い油をたっぷり吸い込んでる。油を食べているようなもの。でもこれがサルサと相性抜群であったら絶対食べてしまう。

 

 

 

初めてメキシコ人が料理しているところみたけど、野菜の切り方とかが日本と違うくて興味深かった。

 

例えばタマネギ切るとき、日本やったら半分に切って、切った面を下にして切るけど、メキシコは丸くなってるほうを下にして切る。安定性・・・(笑)ほかにもみじん切りの仕方とか、なんでも見てて面白かった。

 

包丁より、ナイフのほうが切れ味がいいのはどこの家も共通なんかな。

わたしも最近ナイフを登場させるほうが多い。包丁もちゃんと研いでるし、切れないことはないけど、ナイフのほうが手軽で軽いし小さい野菜はナイフのほうが切りやすいかな。

 

 

お料理教室に行って、わたしが「メキシカンライス」と呼んでる赤い米の正体がわかった。みためはチキンライスやのに味はほぼ白米に近いメキシカンライスの正体はトマトとにんじんでした。味がするのは塩が入っているから。

 

 

通常のメキシコ米を普通に炊いたあと、野菜の水分と水でもう一度炊く感じ。だからパサパサじゃなくてしっとりしてたのね。

家でメキシコ米調理してたときはそんなん知らんから、なんでお店のメキシコ米はおいしいのに家でやるとパサパサでまずいのか謎やった。まずかったからはそこから日本米に切り替えた。

 

もっと早くに知りたかった・・・

 

これで少しずつメキシコ料理も作れるようになったら楽しいな。

日本のスーパーでパクチー手に入るのかな。わたしはないほうが好きなんやけど、よりメキシカンにするためには必要。

 

来週も楽しみ。

 

 

 

 

 

それと今週はようやく念願のサルサ教室にもいけた。

サルサとバチャータ。やっぱり音楽はバチャータが好き。

 

これも教室じゃなくてお友達のおうちで教えてもらうんやったけど、マンツーマンで教えてもらえるからわかりやすくてめっちゃ楽しかった。

アルゼンチンにいたときもサルサ教室に行ったけど、やっぱりあの時は言語がまだまだわかってなかったんやと思う。言われたとおりにできるかどうかは別として、言ってることは理解できた◎

 

 

 

これ覚えても日本じゃ踊る機会ないやろうけど、ラテン好きやから踊りはマスターしたかったねん!ああああメキシコ楽しい。。。

 

 

メキシコはなんでもリーズナブルすぎるねん。

乗馬クラブもあって、1回250ペソ(約1,250円)

ちなみに料理教室は材料費込みで1回175ペソ(約875円)

サルサ教室は1時間40ペソ(約200円)

映画は65ペソ(約325円)

 

 

信じられへんほんまに。

日本は何でもかんでも高すぎ!!!きっと帰ったら習い事なんてできひんのやろうな。。悲しい。それでもなにかしらできたらいいなと思っています。

 

 

習い事するのが好きなのは、その習い事自体が楽しいし、学びたいからっていうのがもちろん1番やけど、そこでいろんな人と出会えるのがまた楽しい。

そしたらまた違うことに興味が湧いて、またちがうことしてってキリない(笑)一生満足することはないんやろうなと思う。

 

 

 

理想と現実のギャップにくじけそうになるときもあるけど、一回しかない人生やからできるだけ理想に近い人生が送れたらいいな。

いつもいつも思うけど自分が好きな自分でいたい。そのための努力は怠らない。

 

 

 

体調悪かった頃は何もかも憂鬱やったけど、体調がよくなって自分でもびっくりするぐらい前向きポジティブ。

病は気からというけど、どんだけがんばっても、気合いれても、治らんモンは治らん。だから病は気!うーん。。。つまり何がいいたいかというと、なにするにも健康が1番ということですよ。

 

 

体壊してから休めるんじゃなくて、壊す前に休ましてあげれたらベストやけど。わたしはそれが難しいから、壊したときに休めます。目の結膜炎も、お腹も、持ってる病気は何一つ完治してませんが、とっても元気です。残り少なくなってきたけどこれからもメキシコ生活楽しみます。

 

 

 

お気に入りのバチャータ聞いてみてね。

ちなみに曲調にアルゼンチンタンゴが入ってるねん。

おそらくPVの舞台の一部はアルゼンチンのブエノスアイレス!!

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じ

 

 

 

 

 

FBにたくさんコメントをいただきましてありがとうございました

心細かったのでとても励みになりました。

 

 

さてさて今日は今まで生きてきた中で一番つらかった日のお話。

 

 

この日は体調がとてもよく、日本食レストランに連れて行ってもらい、今まで食べれなかった分を取り戻すかのように食べた。お寿司がおいしかった。お寿司食べたい。

 

 

そしてその夜中におなかが涙がでるほど痛くなって、救急車呼ぼうかとも一瞬考えたけど、どこの病院に連れて行かれるか不安だったので、あとコストが心配だったので、とりあえず日本の友人に電話してイタイイタイと唸ってた。

(今日おいしいもの食べといてよかった・・・)

 

 

 

朝までがんばってマシになったら仕事いこうと思ってたけど、4時間経過してもまだ痛い。しつこい。結局仕事お休みした。

 

 

 

場所が場所だったので盲腸かと思い、病院へ。

盲腸は前も疑われてて。こんなに痛むならさっさととってもらおうと考えたわけですよ。盲腸なんて名の知れた病気だし、メキシコで手術になってもきっと大丈夫!ってそんな感じで。

 

 

Hospital Angelの救急外来(レオンで一番腕がいいとはよお言わんけど、一番高額な病院byメキシコ人)に連れて行かれました。

 

同じことを違うお医者さんに何度も説明する。苦痛。

途中から病院に連れてきてくれたママンが説明してくれてた。

 

 

寝不足のため意識朦朧とする中とりあえず点滴。

検査が必要って話になって、このまま入院に。

 

 

人生初の入院☆

 

 

 

知らない国で、言葉もわからなくってさぞかし心細かったやろう。

かわいそうに・・・

 

って思うかもしれないけど、心細さとか不安とかは一切なくて、痛くなくなるならなんでもいいから入院でも手術でもなんでもするから治して〜ってそんな心境。

 

不安になったりしなかったのはやっぱりひとりじゃなくて、ママンがいてくれたからなのかな、と思う。

 

うちのママンは歯医者さんで開業医、自営業やから少しは融通がきく仕事やけど、この日入ってた予約全部断ってた。わたしからしたらほんまにありがたいけど、患者さんからしたらたまったもんじゃないやろうな。歯医者のために会社休んでたかもしれないし、歯医者のために他の予定キャンセルしてたかもしれないのに。ごめんね

 

 

 

レオンで一番高い病院やから会社の保険のカバー範囲に含まれないかも知れないということで一時待機。わたしは一応保険会社に連絡して、保険会社の指示を受けてこの病院に来たのですが、会社の人事(ビックママ)に全然信用してもらえない。。。なんでも以前同期が交通事故に遭ったとき、この病院に搬送され保険適応外で、1日点滴しただけで日本円にして約15万円の請求があったそう。それは恐ろしすぎる。その前例があるからめちゃくちゃナーバスになってて、結局病院まで駆けつけてきてくれた。

 

 

保険会社に何度も連絡して、病院側とも何度も確認しあって、ようやく納得してくれて、転院の危機(?)は免れた。

 

 

 

【メキシコの医療制度】(体感)

・日本の国民健康保険の制度はない

・自由診療?

・国民がお金を納めてるIMSSと呼ばれる公立病院がある

・公立病院は診察代・薬代が無償

・IMSSも一応加入制??

 

IMSSについてはこちらに書きました

「偏見よる語弊だらけのメキシコ医療制度」

1つ前の記事になります。

 

 

以下外務省より抜粋

 

“医療レベルは一定の水準にあり,都市部の私立病院の中には,アメリカと比較しても遜色ない設備の整った病院もあります。ただし,公立病院では予算不足による機材や設備の老朽化,医薬品の不足が問題となっており,満足な治療が受けられない場合があるため,ほとんどの日本人は私立病院を受診します。病院では医師以外は,英語の通じない病院スタッフがほとんどです。私立病院での医療費支払いは高額なため,クレジットカードが必要です。医療費は高額で,例を挙げると診察が1万円(検査・薬代は別会計),血糖検査1,500円,腹部超音波検査2万5千円,胸部X線検査4千円,MRI検査9万円,上部消化管内視鏡検査10万円などです。また,入院の室料は1泊1万円から8万円程度です。例えば,私立病院に下痢・嘔吐による脱水で入院した乳児が血液検査・抗生物質を含む点滴を受けて3日間の入院で25万円程度となります。注意点として,救急外来受診時には,診察前にデポジットを支払う必要があり(5万円程度),入院になると約25万円の前払いを要求されます。支払いできない場合は診察を拒否されます。従って,海外旅行傷害保険に入っておくことをおすすめします。”

 

 

とありますが、正直日本で検査受けたりしたことないから値段が高いとか安いとか設備がいいとか悪いとかわかりません。ちなみに旅行ではなかったので海外保険には加入しておりません。

 

 

 

レオンで一番高額な病院なだけあって、きれいで静か。

ちゃんと病院のにおい(薬品)がする。

しかし冷房が効きすぎているのか寒くて寒くて、完全に低血圧。

 

 

どういう検査をするのか一応説明してくれるけど、専門用語はわからない。されてからどういう検査だったかわかるという恐怖体験をした。

 

 

腸内を検査するのに腸をきれいにするよといわれてよくわからないままベットごと連れて行かれた先であまりの痛さに耐えられず途中で中断。ほぼ泣き叫んでた。

 

体が冷えてたからか、体温めますね。と腕の点滴から液体を入れられたのがこれがまためちゃくちゃ痛い。でもこれは入れられるときに痛いけど、痛いのが普通やから我慢してねって言われてたから耐えられた。

 

そのあとCTを撮って盲腸かどうか確認。

結果盲腸ではなかった。

 

 

精神的にかなり疲れた。。。

ベットのまま病室まで移動。歩けるのにこんな待遇やとなんか重症患者みたい。病室についてベットからベットの移動まで全部やってくれる。元気やのに。

 

 

ただの検査入院なのに、今住んでる部屋より広くて、テレビ、トイレ、シャワー付の個室!ひゃっほー快適!!!

 

で、ここから点滴による医薬品の投与。

これがまためちゃくちゃ痛い。もはやお腹より痛い。

 

投与したそばからイタイイタイイタイ・・・!

ってなって、薬のレベル?変えてもらって、またイタイイタイイイタイ・・・!

看護師さんになんで!?ってちょっとキレられる。

 

3つめ。この薬はだれもアレルギー反応を起こしたことない優しい薬です。と。でももう左手には入れられないから右手ね〜って右手に点滴刺されたら、なにこれ激痛。絶対刺し所おかしい!手首まで針きてたもん!

点滴って痛くないもんやん?だから我慢してたら静かに涙が。。。投与された薬自体は痛くなかったので我慢した。

 

 

 

しばらくたって、今度は下剤。

2リットルくらいのレモン味のポカリみたいなの飲みなさいって持ってこられる。まずくはないけど2リットルも入らないし、1リットル飲みきったあたりで吐いた。

 

 

夜になってようやく検査の準備ができてもう一回ベットごと移動。

おなかの中見るからね〜って。あなたは寝てたらいいだけよ〜って。内視鏡検査というやつですね。おそらく。

 

寝てたらいだけ=横になるやと思ってたら全身麻酔でした。

 

 

終わってから病室に戻ると先輩がお見舞いに来てくれてた。

麻酔がまだ残ってて意識が朦朧としててすぐ寝てしまったと思う。

 

 

次の日。帰れると思ってたのに月曜日まで入院宣告。

病院食とは思えない豪華さ!

 

ハムサンドイッチ

フルーツの盛り合わせ

梨のジュース

 

 

 

でも食べ物のにおいがだめやったみたいで吐いてしまう。

 

 

吐いてしまったからお昼ごはんはゼリー。

食べな帰れないと言われたので食べました。ゼリー嫌い。

 

ゼリー

りんごジュース2こ

 

 

夜ごはん

 

ゼリー

りんごジュース2こ

 

 

ゼリーは食べたくなかったので、お見舞いに持ってきていただいたおにぎり2こ勝手に食べた(笑)

 

 

朝ごはん

 

ゼリー

りんごジュース2こ

 

 

もうゼリーはいやだ!普通のごはん食べたい!

と言って普通のごはんに変えてもらう。

 

 

野菜のベーコン巻き

梨のジュース

 

 

おいしかった。

そのあとシャワー浴びて、元気にしてたら退院許可!!!

 

 

病室がほんまにホテルより快適。ひとりひとつミニバックがもらえるねん。

 

・歯磨きセット

・マウスウォッシュ

・ボディクリーム

・石鹸

・シャンプー

・サニタリー用品

・濡れティッシュ

 

 

一回使いきりの量じゃなくて全部がミニサイズでの支給という太っ腹ぶり。

 

 

 

点滴からの開放が一番嬉しかった。

お手洗いもシャワーも歩くのも鬱陶しすぎた。たった2日の入院でしたが生かされてる感がいやでした。(大げさ)

 

 

退院となってもすぐにはさせてくれなくて、ばっちりブレザーを着たイケメンのお兄さんが料金を徴収しに来るのに2時間くらい待った。

 

 

 

その間にお昼ご飯がきたのでしっかり完食☆

 

・鶏の胸肉のソテー

・パスタ入りトマトスープ

・メキシカンライス

・フルーツ

・ハイビスカスジュース

・パン

 

 

ごはんのオーダーは食事の1時間前にお部屋に電話がかかってきて自分でチョイスできる。

 

「メインは鶏肉とお魚どちらがいい?」

「スープには何を入れる?米?パスタ?」

「トルティーヤかパンはどっちがいい?」

「デザートはゼリーかフルーツどっちがいい?」

「モモかパパイヤどっちがいい?」

「飲み物は?紅茶、ハイビスカスジュース、レモンジュース、炭酸」

 

みたいな感じ。ホテルかと疑ってしまう本当に。

 

 

 

お支払が終わって、さあ帰るぞ〜。

車椅子が待機。歩けるのに車椅子に乗せられて車まで。

至れり尽くせりの入院生活でした。

 

 

 

出勤したら誤った情報が飛び交ってておもしろかった。

救急車で搬送説

意識不明重体説

気を失って倒れた説

 

大変お騒がせいたしました。

 

また別の病院にいかなあかんけど、もう病院いややから帰国してからいく・・・ってビックママに言ったらめっちゃ怒られた。。。

 

「今!今すぐ行きなさい!!!!!」

「耳ひっぱって連れて行くよ!!!」

※日本で言うおしりぺんぺん敵な表現がメキシコでは耳をひっぱる

 

と無理やり病院の電話番号をメモさせられた(笑)

 

 

ほんまにオカンな同僚です。

容態は?げんきなの?ご飯は食べたの?痛みは?

メッセージが鳴り止まない(笑)

 

 

ママンにもオカンにも大変感謝です。

ちなみに2泊の入院代は日本円で約16,000万円くらいでした。(検査費用込み)

 

 

 

 

手術が必要な病気ではなかったのでお薬で治します。

たいした異常が見つからなかったのにお腹は痛いまま。

でも痛いって言ったら帰れなくなるからね!

 

ああ病院いきたくない。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

病院について書いてたら長くなったので2つにわけました。

 

 

 

 

【前回IMSSを体験したわたしによる語弊だらけのIMSS】

 

無償なだけあっていつでも人!人!人!1日以上待つ可能性がなきにしもあらず。患者の数に対して圧倒的な人手不足。

 

建物の老朽化による、お化け屋敷感。病院なのに清潔感、衛生さを全く感じることができない。家に帰ってすぐさまシャワーを浴びたほど。

 

メキシコの格差社会をひしひしと感じた。IMSSに来る人は中下流〜下流のひとたち。服装や身に着けているもの、言葉使いでわかる。

 

診察を待っている間、何人もの物乞いが巡回してくる。でもみんな無視するんじゃなくて6割くらいのひとがお金あげてた

 

薬も無償なので長蛇の列。わたしを診察してくれたお医者さんによると、ここでは無償で薬を与えてるけど、質がよくないから。有償だけど、わたしが処方する薬のほうがよっぽどいいよ、とのこと。

 

ベッドが足りないからか、車椅子に座らされて点滴をうける老人たち。点滴に吊られているように見えた。

 

満足な治療が受けられないひとたちが集まってるこの病院の入り口には、衛生面がかなり心配される屋台がずらっと並んでる。菌がうじゃうじゃ蔓延しているであろう環境で、こんなずさんな衛生管理のもとで売られている食べ物が菌にしか見えなくて吐き気がした。病院の目の前で食べ物(袋入りでない)を売る神経がわたしには到底理解できない。

 

 

 

お金がなくて困ってるひとたちからしたら、この制度はほんとうにありがたい制度なのかもしれない。でも結局質のよくない診察、薬、治療に国民のお金を使っているのだとしたらこの制度に意味があるのかないのかわからなくなってくる。効率悪いな、と思うことばかりのメキシコですがそれもまた国民性なんでしょうか。。。

 

 

 

IMSSでは書類を書いてもらいたかっただけなのですが、診察と検査もしてもらった。受付では目の前にパソコンがあるのに、なぜかタイプライター(はじめてみた)を使って書類を作成してた。

 

保険カードとか一切持ち合わせてなかったけど、そんなんみたこともないし、持ってないって言ったら、首傾げてたけどなんとか受付はしてもらえた。そのあとやっぱり番号が必要になって、受付に聞きにいったら名前で番号がわかるらしく番号を教えてくれた。一応IMSSに加入してないと診察受けれないのかな?と思って、与えられた書類を見てみると「BASAKA MAIKA」になってるし、きっとそんな人物存在してないし、てきとうに番号取得したんやろうなって思った。そんな形だけの制度やめてしまえっ!そこに割く人員ももったいないわっ!

 

 

 

 

診察され、痛み止めの注射を勧められたけどいろんな意味で怖かったから断った。

 

検尿は使い捨ての紙コップじゃなくて、使いまわしの小瓶だった。もちろん洗ってあるやろうけど、わたしの衛生レーダーはもうオーバーヒートしててなにも信じられない。小瓶をうけとる手が震えた。

そしてトイレの石鹸が切れてて発狂しそうになった。病院やのになんでやねん!手を拭くための紙も切れてた。もうだめだ・・・清掃のおばちゃん呼んだ。

 

 

検査の部屋も検査結果待ちのイスも床も隣の人の全員が菌に見えてほんまに気を失いそうやった。病院にきてからのほうが顔面蒼白。よくがんばりました!

 

 

 

よっぽどのことがない限り、IMSSなんか行かないほうがいいと思う。

わかってたんやけどね。行かざるを得なくなって、しかたなく。

 

 

健康第一としみじみ。。。

 

 

 

 

 

※この記事は筆者の体験に基づき、主観的に書かれたもので、実際の状況とは異なる場合があります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じ

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 人生たまには谷ばかり
    古谷兼一
  • 歌舞伎
    ばば
  • 雨の日のコレクティーボ
    Yuhi
  • ペルー旅行記1日目
    ひろき
  • お好み焼き
    知里
  • 腹が減っては戦はできぬ
    知里
  • 素晴らしき日本!!
    知里
  • 健康的な生活(編集後)
    知里
  • 真実と正義の日
    知里
  • 時差ボケ
    Yuhi

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM